【タブローズ】春のグランドメニューが登場!

2016/03/11

              

三寒四温、暖かい日が続いたかと思うと、急にまた寒くなったり、
着るものにとまどいながらも、ちょっと春らしい色を取り入れたくなるこの頃ですね。
今年の桜の開花日も関東は例年より早くなるそうです。

さて、タブローズにも続々と春野菜が届き、春のグランドメニューがスタート致しました。
中でも“新玉ねぎのポタージュとリードヴォー・筍”は、まさに春を感じさせる一品。新玉ねぎの柔らかい甘みのポタージュにぷりっとした仔牛の希少部位(リードヴォー)と、旬の筍をあわせました。また、“帆立貝のポワレと春豆・ペコリーノロマーノ”は、ゴロっとした大きな帆立をジュッと香ばしくバターでソテーし、春の風物詩でもある『春豆』と羊のチーズを添えて、クラシック且つさわやかな一皿をご提供致します。
是非、この機会にお愉しみください。
 

【NEW a la carte】

SPRING ONION  POTAGE WITH RIS DE VEAU
新玉葱のポタージュとリードヴォー・筍

SCAMPI RAVIOLI BISQUE
手長海老のラビオリと白アスパラガス 軽いビスク

SAUTEED SCALLOPS WITH FAVA BEANS   
帆立貝のポワレと春豆・ペコリーノロマーノ

GRILLED SWORDFISH WITH PIPERADE  
ハーブを纏ったメカジキのグリル ピペラードとサラダ

LAMB  WITH TURNIP
仔羊のロースト 蕪とひよこ豆 サルサヴェルデ
 


【TABLEAUX’S Specialites】

CARAMELIZED FOIE GRAS
フォワグラのキャラメリゼソテー オレンジ・アーモンド・アンディーブ

タブローズのスぺシャリテ“フォアグラのキャラメリゼ”が春の装いでラインナップ。
表面を薄くキャラメリゼしたフォアグラに、オレンジの爽やかな香りとアンディーブのほのかな苦みが食欲をそそる一品。
 

※仕入れ状況により内容が変更となる場合がございます。
※Contents may change without advanced notice due to buying situation.


【executive chef】   菊地 基央

ahillのオープニングスタッフとして勤めた後、西麻布KEIZO、サイタブリアでスーシェフを務め、ランベリーを経てジョンティアッシュ、表参道DEUX ARTでシェフを勤める。グローバルダイニングに入社後はLB6シェフに就任。現在は4店舗を統括。
料理のコンセプトは和魂洋才。


【chef】   鈴木 隆史

都内フレンチレストラン シェ・イノに入社後、姉妹店である表参道マノワール・ディノにて4年間の経験を積む。その後は、中目黒BISTRO LA BELLPORTEにて勤務し、タブローズへ。
クラシカルなフランス料理の考え方を基本に、 新たな技術や発想を取り入れ 驚きや喜びを得られる料理を提供することをモットーとしている。

タブローズ
東京都渋谷区猿楽町11-6 サンローゼ代官山 B1F
ご予約・お問い合わせ: 03-5489-2201 
HP:http://www.tableaux.jp/  
Tableaux
B1F, Sunroser Daikanyama, 11-6, Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo
TEL: 03-5489-2201
HP:
http://www.tableaux.jp/?lang=en

【Our Commitment to Quality】

【Our Restaurants】

Facebook
Facebook
Global-Dining HP
Global-Dining HP
グローバルダイニング
【タブローズ】春のグランドメニューが登場!
©Copyright Global-Dining Inc. All Rights Reserved.